所在地 山梨県甲府市丸の内
開業日 明治36年(1903年)6月11日
旅客ホーム数 2面5線
乗り入れ路線 中央本線、身延線
一口メモ 山梨県都の玄関駅。中央本線に在来線特急が数多く設定され、東京都心へ日帰りの行き来を可能にしている。
▼▼▼バナーをクリックして駅弁を見る▼▼▼
  • 甲州ワインで育った牛と豚の弁当

    クリックして下さい
    甲州ワインで育った牛と豚の弁当の写真
    価格 1100円(購入日の金額)
    購入日 平成28年(2016年)10月29日
    購入場所 JR甲府駅駅弁売店
    調製元 株式会社 丸政
    住所 山梨県北杜市小淵沢町996
    電話 0551-36-2521
    URL http://www.genkikai.org/marumasatop.html
    一口メモ 甲州ワインの搾りかすを飼料に育った甲州ワインビーフを白飯に乗せた牛丼と飼育中にワインを飲ませるワイントンのメンチかつ丼との二通りの 味を楽しむことができる駅弁。
  • 甲州旨いもの合戦 風林火山

    クリックして下さい
    甲州旨いもの合戦 風林火山の写真
    価格 1260円(購入日の金額)
    購入日 平成20年(2008年)8月29日
    購入場所 JR甲府駅駅弁売店
    調製元 株式会社 丸政
    住所 山梨県北杜市小淵沢町996
    電話 0551-36-2521
    URL http://www.genkikai.org/marumasatop.html
    一口メモ 風林火山のふたを開けると武田家の家紋武田菱が現れる。容器の4角には風林火山にちなんだ信玄ゆかりの鮑の煮貝鮨、山菜おこわ、鉄火味噌おにぎり、鮑としめじと生姜を使った炊き込みご飯、武田菱の中には地元の食材を使って様々な味を作り出していて、まさに甲州旨いもの合戦を演出しているようの感じる。
所在地 山梨県北杜市小淵沢
開業日 明治37年(1925年)12月21日
旅客ホーム数 2面4線
乗り入れ路線 中央本線、小海線
一口メモ 中央本線と小海線の2路線が乗り入れ、接続駅となっている。標高は886.7m。山梨県の鉄道駅としては最西端となる。
▼▼▼バナーをクリックして駅弁を見る▼▼▼
  • 春まん甲斐 甲州牛めしと竹の子ご飯の御弁当

    クリックして下さい
    春まん甲斐 甲州牛めしと竹の子ご飯の御弁当の写真
    価格 900円(購入日の金額)
    購入日 平成28年(2016年)10月29日
    購入場所 JR小淵沢駅駅弁売店
    調製元 株式会社 丸政
    住所 山梨県北杜市小淵沢町996
    電話 0551-36-2521
    URL http://www.genkikai.org/marumasatop.html
    一口メモ 甲州ワインビーフの牛丼と竹の子ご飯の二つの味を楽しめるボリュームたっぷりの駅弁。箱の横にわさびを牛肉につけて極上の味をお楽しみくださいと書いてあったのでやってみると肉の甘みとわさびの調和が良くて美味しかった。肉にわさびなんて初めての経験だった。
  • イケてるメンチかつ弁当

    クリックして下さい
    イケてるメンチかつ弁当の写真
    価格 880円(購入日の金額)
    購入日 平成28年(2016年)10月29日
    購入場所 JR小淵沢駅駅弁売店
    調製元 株式会社 丸政
    住所 山梨県北杜市小淵沢町996
    電話 0551-36-2521
    URL http://www.genkikai.org/marumasatop.html
    一口メモ 山梨県産の豚肉と、たっぷりの野菜を使った柔らかく甘みのあるジューシーなメンチかつ弁当。ご飯には山梨らしく「ぶどうジュース」の風味もつけられている。
所在地 山梨県北杜市高根町清里
開業日 昭和8年(1933年)7月27日
旅客ホーム数 2面2線
乗り入れ路線 小海線
一口メモ 標高1274mで山梨県内の駅では最も高い位置にある。八ヶ岳山麓の観光拠点として、通年多くの観光客を集める駅として知られる。
▼▼▼バナーをクリックして駅弁を見る▼▼▼
  • 元祖 峠の釜めし

    クリックして下さい
    元祖 峠の釜めしの写真
    価格 1000円(購入日の金額)
    購入日 平成28年(2016年)10月22日
    購入場所 JR清里駅駅弁売店
    調製元 株式会社 荻野屋諏訪店
    住所 長野県諏訪市沖田町4丁目39番地
    電話 0265-53-1111
    URL http://www.oginoya.co.jp/
    一口メモ ご飯の味付けがうすめなので、トッピングされている筍、牛蒡、椎茸、鶏肉などは少し濃いめの味付けとなっていて、味のバランスを保っている。付き合わせもおいしかったが梅の酸っぱさは超一流である。


TOPへ戻る