所在地 新潟県新潟市中央区花園
開業日 明治37年(1904年)5月3日
旅客ホーム数 3面7線(在来線)、2面4線(新幹線)
接続路線 上越新幹線、信越本線、白新線
一口メモ 新潟県都の玄関口で佐渡観光の起点駅であるとともに、上越新幹線の終着駅となっている。在来線は信越本線、白新線、越後線の3路線が乗り入れている。
▼▼▼バナーをクリックして駅弁を見る▼▼▼
  • 焼漬 鮭ほぐし弁当

    クリックして下さい
    焼漬 鮭ほぐし弁当の写真
    価格 1080円(購入日の金額)
    購入日 平成27年(2015年)1月3日
    調製元 株式会社 三新軒
    住所 新潟県新潟市秋葉区新津本町1-2-43
    電話 0250-22-1111
    URL http://www.ekiben.or.jp/sanshinken/
    一口メモ 白飯の上に錦糸卵を敷きつめ鮭の焼き漬けのほぐしたものをのせている。つきあわせとして、オクラと菊なめこの和え物や赤かぶの酢漬けなどがあり味のバランスが取れている感じがします。
  • 軽食駅弁

    クリックして下さい
    軽食駅弁の写真
    価格 760円(購入日の金額)
    購入日 平成24年(2012年)8月7日
    調製元 株式会社 三新軒
    住所 新潟県新潟市秋葉区新津本町1-2-43
    電話 0250-22-1111
    URL http://www.ekiben.or.jp/sanshinken/
    一口メモ 軽食駅弁とは言いながらボリュームたっぷりで満足でした。特に、厚焼き玉子はおいしかった。他に手作りおかずもいっぺいことはいっていて味もグーでした。
  • 豚の熱弁

    クリックして下さい
    豚の熱弁の駅弁写真
    価格 1050円(購入日の金額)
    購入日 平成20年(2008年)3月8日
    調製元 株式会社 三新軒
    住所 新潟県新潟市秋葉区新津本町1-2-43
    電話 0250-22-1111
    URL http://www.ekiben.or.jp/sanshinken/
    一口メモ 寒いときはやはり暖かい駅弁が食べたくなる。この「豚の熱弁」は加熱式容器を使っているので容器から出ているひもを引っ張れば7~8分で程よい熱さになり暖かい駅弁が食べられる。しゃぶしゃぶ用のゴマダレをかけ食べるとトンでもない美味さにピッグりと書いてある通り越後もち豚は美味だった。 駅弁の内容はおしながきを見てください。
所在地 新潟県新潟市秋葉区新津本町
開業日 明治30年(1897年)11月20日
旅客ホーム数 3面5線
接続路線 羽越本線、磐越西線
一口メモ 駅を中心に四方向に線路が伸びることから、古くから車両基地や車両工場が集まる「鉄道の町」として発展してきた。
▼▼▼バナーをクリックして駅弁を見る▼▼▼
  • SL新津発 ばんえつ物語弁当

    クリックして下さい
    SL新津発 ばんえつ物語弁当の写真
    価格 950円(購入日の金額)
    購入日 平成21年(2009年)8月1日
    調製元 神尾商事株式会社 神尾弁当部
    住所 新潟市秋葉区新津本町1丁目1番1号
    電話 0250-22-5511
    URL http://www.bentou.net/
    一口メモ 掛け紙にSL C57 180の写真が印刷されている。鉄道ファン、駅弁ファンにはうれしい構図である。弁当は白飯の上に錦糸卵、イクラ、ホタテ、鮭、鶏、蒲鉾などボリュームたっぷりに盛り付けられていて味も申し分なし。
所在地 新潟県南魚沼郡湯沢町湯沢主水
開業日 大正14年(1925年)11月1日
旅客ホーム数 3面5線(在来線)、2面4線(新幹線)
接続路線 上越新幹線、上越線支線
一口メモ 周辺は越後湯沢温泉を抱える温泉街の中心地である。駅前から温泉街が広がっているのは、新幹線停車駅ではこの駅のほかには熱海駅くらいであり、珍しいケースである。
▼▼▼バナーをクリックして駅弁を見る▼▼▼
  • ほくほく弁当

    クリックして下さい
    ほくほく弁当の写真
    価格 900円(購入日の金額)
    購入日 平成24年(2012年)8月7日
    調製元 合資会社 川岳軒
    住所 新潟県魚沼市関115-1
    電話 025-783-2004
    URL http://ekiben.jp/
    一口メモ ご飯は蕨、筍等が入った混ぜご飯でした。おかずはおしながきにある通りです。チキンナゲットを除いては特筆するようなものはありませんでした。


TOPへ戻る