所在地 秋田県秋田市中通
開業日 大正10年(1902年)10月21日
旅客ホーム数 4面10線
乗り入れ路線 秋田新幹線・奥羽本線・羽越本線
一口メモ 秋田新幹線の起終点、5方面の路線が集結する秋田駅。平成25年(2013年)春、E6系「スーパーこまち」の運行開始で、首都圏からのアクセス高速化がはかられた。
▼▼▼バナーをクリックして駅弁を見る▼▼▼
  • あきたこまち弁当

    クリックして下さい
    価格 900円(購入日の金額)
    購入日 平成24年(2012年)8月4日
    調製元 株式会社 関根屋
    住所 秋田市東通1丁目1番26号
    電話 011-833-6461
    URL http://www.sekineya.jp/
    一口メモ 白飯に梅干し昔懐かし日の丸弁当 。あきたこまち、舞茸の天ぷら、いぶり漬物など秋田県産の食材が詰め込まれた駅弁である。
  • 白神浪漫

    クリックして下さい
    価格 850円(購入日の金額)
    購入日 平成24年(2012年)8月3日
    調製元 株式会社 関根屋
    住所 秋田市東通1丁目1番26号
    電話 011-833-6461
    URL http://www.sekineya.jp/
    一口メモ 平成18年(2006年) 3月18日、五能線の快速列車リゾートしらかみ「くまげら編成」の運行開始を記念して発売された駅弁。世界自然遺産がもたらす豊かな自然の恵み五能線沿線の名産品が存分に楽しめるのがうれしい。
  • 特製牛めし

    クリックして下さい
    価格 900円(購入日の金額)
    購入日 平成21年(2009年)8月3日
    調製元 株式会社 関根屋
    住所 秋田市東通1丁目1番26号
    電話 011-833-6461
    URL http://www.sekineya.jp/
    一口メモ 白飯の上に国産牛100%の牛肉煮と蒟蒻煮がトッピングされている。付き合わせの牛蒡煮、昆布巻、がんも煮などもしっかりした味付けで味のバランスが取れている。
  • 秋田まるごと弁当

    クリックして下さい
    価格 1000円(購入日の金額)
    購入日 平成21年(2009年)8月2日
    調製元・販売者 株式会社 関根屋・(株)日本レストランエンタープライズ秋田営業支店
    住所 秋田市東通1丁目1番26号
    電話 011-833-6461
    URL http://www.sekineya.jp/
    一口メモ 三角形容器は霊峰「鳥海山」をイメージ。 一口サイズの俵めしに醤油味と味噌味がつけてあるから変化があって面白い。おかずもすべて秋田県産であり名前のとおり秋田県のおいしさすべてを満喫できる駅弁。オリジナル駅弁コンクールでグランプリ受賞作品であることが掛け紙に表示されている。ぜひともお勧めしたい逸品。
所在地 秋田県大館市御成町
開業日 明治32年(1899年)11月15日
旅客ホーム数 2面3線
接続路線 花輪線
一口メモ 大館市の中心駅で奥羽本線を走るすべての列車が停車する。東京・渋谷駅で主人を待ち続けた「忠犬ハチ公」は大館市の生まれで、駅前には銅像が立っている。
▼▼▼バナーをクリックして駅弁を見る▼▼▼
  • 鶏めし

    クリックして下さい
    価格 850円(購入日の金額)
    購入日 平成21年(2009年)8月3日
    調製元 株式会社 花善
    住所 秋田県大館市御成町1丁目10-2
    電話 0186-43-0870
    URL http://www.hanazen.co.jp
    一口メモ 鶏ガラスープで炊いたあきたこまち米の上に甘辛く味付けされた鶏肉、錦糸玉子、栗甘露煮などがトッピングされている。各地で鶏めしはたくさん販売されているがその中でも常にトップクラスにランク付けされるJR大館駅の名物駅弁である。


TOPへ戻る